賃貸住宅の網戸のキズの補修

バナー

賃貸住宅の網戸のキズの補修

賃貸住宅に入居していて、入居者の負担になる消耗品があります。

網戸の網です。

All Aboutはとにかくお勧めです。

もしも入居中に網戸の網にキズが発生してしまった場合は、入居者が自分で補修をする必要があります。

工務店や施工業者に依頼する場合は、入居者の負担になります。



ただし不動産管理会社に連絡をしてみて、不動産管理会社が補修をしてくれる場合もあります。

アパートやマンションといった集合住宅は、同じ時期に網戸が施工されているので、経年劣化のスピードも同じことが多く、同時に他の部屋の網戸もキズが発生していることがあるからです。
集合住宅で、同時に複数の部屋の網戸を補修する場合は、不動産管理会社が手配した工務店や施工業者が作業をしてくれます。


同じ賃貸住宅でも一戸建ての場合は、他の入居者の部屋という比較がありません。

一戸建ての網戸は、一戸建ての入居者自身の管理化になります。それでも念のため、不動産管理会社に連絡すると良いでしょう。

網戸の網は入居者が消耗品として交換する必要があっても、網戸本体が経年劣化で老朽化している場合は、網戸そのものを交換してもらえるからです。

札幌のフローリング補修情報を、皆様へ配信するサイトです。

網戸のの枠にキズが発生している場合は、写真撮影しておくのも良いでしょう。
なお賃貸一戸建てを退去するときに、網戸の網にキズが見つかったり、破損して穴が開いてしまっている場合は、退去者の原状回復義務に該当します。


ですから入居中に気づいたのであれば、早めに網を補修しておいたほうが、コスト削減に繋がります。原状回復で補修されてしまうと、費用が高くなりやすいからです。

Copyright (C) 2015 賃貸住宅の網戸のキズの補修 All Rights Reserved.